クレジットカードで利用できる返済・支払い方法

クレジットカードで利用できる返済・支払い方法をわかりやすく紹介

 

クレジットカードはカード1枚提示するだけで簡単に買い物ができて便利ですが、たくさん買い物した後にはかならず返済・支払いが待っています!

 

一般的に1回払いでの返済・支払いがメインに見られがちですが、クレジットカードにはたくさんの返済・支払い方法があります。

 

今回はクレジットカードで利用できる主な支払い方法を5つ紹介していきたいと思います。

 

クレジット支払い方法@ 1回払い・一括

 

まずクレジットカードでの一番よく言われるのが1回払い(一括)です。

 

1回払いはカードで決済した金額をカード締日の翌月または翌々月(利用するカードによって支払日が異なる)に一気に支払いをする返済方法になります。

 

1回払いは返済における支払い手数料がまったくかからないので、一番おすすめな支払い方法です。

 

注意点!

 

小さい金額の買い物の場合はいいのですが、大きい金額の買い物の場合は、翌月または翌々月に大きく口座より金額の引き落としがかかるようになるので気を付けておく必要があります。

 

 

クレジット支払い方法A リボ払い

 

クレジット1回払いの次によく知られているのが、リボ払いです。

 

実際に利用されている方も大変多い支払い方法です。

 

 

リボ払いを簡単に説明すると、クレジットカードの使った金額分を一気に支払うのではなく毎月一定金額ずつ支払いをしていくものになります。

 

 

毎月一定金額の支払いになることにより、支払いを長く繰り越しにするものとなるので、返済・支払い手数料がかかっていきます。小額のリボ扱いならいいのですが、高額のリボ扱いをする場合は返済が長くなり、支払い手数料が大きくなるので注意しましょう。

 

 

リボ払いの利用イメージの例をあげると

 

10万円の買い物をクレジットのリボ払いで支払いをしたら、翌月(または翌々月)から1万円ずつ10回にわけて支払いをするというようなイメージになります。

 

↑上記の例では毎月1万ずつ支払いという例をあげましたが、毎月5000円ずつとか毎月2万円ずつとかリボにおける支払いする金額はカード会社によって異なってくるような感じになっています。

 

リボ払いのカード会社ごとの支払いイメージとしては下記のような感じです。↓↓

 

<<カード会社別のリボ払い例>>

 

A会社は初期設定がリボ払い1万円固定で、変更申請をかけることにより月の支払う金額を5000円〜3万円の中で選んだりできる。

 

B会社はリボ払いに利用する金額によって毎月の支払う金額が変動。20万円以内なら毎月5000円ずつ返済。20万円を超えたら毎月1万円ずつ返済。

 

↑↑このようにカード会社によってリボ払いを自分で設定できるものもあれば、金額によってリボ払いの金額が自動変動するものもあります。

 

 

リボということ自体は一定金額で支払うということは間違いありませんが、カード会社によって支払う毎月の金額が異なるのでリボを中心に支払いしていきたいという方はカード申し込む前に各カード会社のリボシステムを確認しておくことをおすすめします。

 

 

注意!
カードによっては1回払いではなくリボ払い自体が初期設定の標準支払になっていたり、リボ払いのみの支払いしかできないカードもあるので、リボ払いを使いたくない方は注意しましょう。

 

 

クレジットの支払い方法B 2回払い

 

クレジットカードの支払い方法の中でけっこう便利なのが、2回払いです。

 

1回で支払いをするのがきついなというときには2回払いにすることにより分けて支払いをすることができます。

 

2回払いについては通常支払い手数料がかからないので、少し高額な金額の支払いでも1回ではきついけど、2回ならいけるという場合には非常に便利です。

 

ただし、2回払いの支払い方法はカードによっては取り扱っていない場合があるので注意しましょう。

 

 

クレジットの支払い方法C ボーナス払い

 

2回払いに引き続きクレジット払いで便利なのがボーナス払いです。

 

買い物で支払いした金額を夏または冬のボーナス時期にまとめて支払うことができます。

 

イメージとしては、夏だったら2月〜6月までに利用した金額を6月〜8月の間で支払うみたいな感じ。
冬だったら9月〜11月までに利用した金額を12月〜1月の支払うみたいな感じです。

 

カード会社によっていつからいつまでが締めで、いつ引落しがかかるかは異なってくるように思います。

 

ボーナス1活払いなら手数料は基本的には無料。ボーナス2回払いだと支払い手数料がかかってくるというような感じになります。

 

クレジットカードだとわざわざローンなどを通す必要もないので手軽にボーナス払いができます。

 

 

クレジットの支払い方法D 分割払い

 

最後に紹介するのは、ローンの代表格ともいえる分割払いです。

 

クレジットカードによっては分割を組んで支払いすることができます。

 

分割では3・4・6・12・24回と言ったような感じであらかじめ何回で支払いをやりきるのかを決めて支払いをすることができます。

 

支払い手数料はかかりますが、リボとは違いより計画的に年密にいつまで支払うかを決めるのができやすいです。

 

クレジットカードの分割払いに対応しているカードは一般的に24回払いまでのものが多いように思います。

 

注意!

 

クレジットの分割払いは他の支払い方法と比べると対応しているカード自体が少ないように思います。

 

分割払いを行いたいという場合は必ず支払い方法をあらかじめ調べてから利用するようにしましょう!!

 

 

まとめ

 

ここまでクレジットカードの返済・支払い方法についてまとめてきました。

 

クレジットの支払いは「1回払い」と「リボ払い」がメインにはなってくると思いますが、「2回払い」「ボーナス払い」「分割払い」というものも支払いの種類としてはあることを覚えておきましょう。

 

またこれからクレジットカードを利用しようと考えている方はどのクレジットカードどの支払い方法に対応しているかもきっちり調べてから利用するようにしましょう〜!!

 

更新履歴