クレジットカード ボーナス払い メリット デメリット

クレジットカード「ボーナス払い」の特徴メリット・デメリット

 

皆さんはクレジットカードで「ボーナス払い」を使用した事はありますか?

 

実は使い方とタイミングによっては「分割払い」よりボーナス払いは、はるかにお得な支払方法になるので、ボーナス払いをしたことないという方や、よく特徴が分かっていないという方は今回特徴〜メリット・デメリットをお伝えしたいと思いますので、是非とも覚えて頂けたらと思います。

 

 

「ボーナス払い」の特徴

一般的にボーナス時期と言ったら、夏のボーナスが6〜8月、冬のボーナスが12月だと思いますが、ボーナス払いはまさにその時期に一括で引き落としが出来る支払方法になります。

 

例えば楽天カードの場合、

  • 2/1〜6/末日でのボーナス払い指定→6、7、8月のいずれか27日支払い
  • 9/1〜11/末日でのボーナス払い指定→12、1月のいずれか27日支払い

となります。

 

利用期間や、支払月はクレジットカードによって異なるのでお持ちのカードの内容を確認してください。

 

 

ボーナス払いのメリット

上記の通り、最大で半年支払い猶予が出来るのは大きなメリットです。「今どうしても欲しい物があるけどお金が無い…。」という方でもボーナスがある会社勤めの方はそのボーナスが出る頃まで支払いが不要なので安心出来ます。

 

そしてボーナス払いは基本的に金利手数料が無料となっていることが多いのが特徴です。
つまり利用時期によっては6回払いで金利手数料分を余計に支払うよりも遥かにお得に利用することが出来ます。

 

 

ボーナス払いのデメリット

利用不可の店舗もあるので事前の確認が必要です。また、利用期間が決まっており、ボーナス払いが出来ない期間があるので所有しているクレジットカードの規約を確認しておきましょう。

 

また、クレジットカードによっては「ボーナス2回払い」というものがありますが、これは夏の時期、冬の時期の2回に分けて支払う方法です。このボーナス2回払いは金利手数料がバッチリ発生するので注意してください。

 

 

 

まとめ

金利手数料0で支払期限を最大半年も伸ばせる便利なボーナス払い。利用する時期で分割払いが良いのか、ボーナス払いが良いのかを考えてお得に利用してください!