クレジットカード 分割払い メリット デメリット

クレジットカード「分割払い」の特徴メリット・デメリット

 

クレジットカードはメジャーな「一括払い」と別に「分割払い」で支払うことが出来ます。

 

分割払いは、シンプルで分かりやすい一括払いとは異なり、特徴やメリット、デメリットをしっかり理解しておかないと必要以上に損をする可能性があるので、今回はその特徴をまとめてみました。

 

分割払いの特徴

基本どのクレジットカードも分割払いは3〜36回くらいまで選択が出来ます。
指定した回数に応じて利用金額を分割して支払うことが出来ます。しかし注意点として回数に応じた金利手数料が発生します。

 

例えば5回払いを指定した場合、利用金額に対して規定の金利手数料を上乗せした上で、5回(5カ月)引き落としがあります。
この金利手数料は指定した回数に応じてカード会社により決められており、回数が多い程金利手数料も高くなります。

 

 

分割払いのメリット

分割払いはいわば「ローン」です。一括で支払う事が出来ないような商品も支払いを複数回に分けることで余裕を持って返済のスケジュールを立てる事が出来ます。

 

例えば、急に冷蔵庫が壊れて買い直さなくてはいけない!というときにいきなり20万円出費となるとかなり厳しいと思いますが、分割払いで12回払いにすると金利手数料を入れても月々2万円ちょっとの支払いを12カ月間という感じで済ませることが出来ます。

 

 

分割払いのデメリット

既に特徴として記載していますが、金利手数料が発生します。月々の支払い額をとことん減らしたいからとやみくもに回数を多くすると、それだけ高い手数料を支払わなくてはいけません。自身の収入を考えて、必要最低限の回数での分割払いを心掛けましょう。

 

 

まとめ

クレジットカードは一括払いで済ませる事が出来るのであればそれに越したことはありませんが、急に多額の出費が必要になった際など状況によっては非常に便利な支払方法が分割払いです。利用時は何回あれば負担無く返済可能かをしっかり見極めて利用しましょう!