年会費無料のクレジットカードの利用限度額の上限

年会費無料のクレジットカードの利用限度額の上限はいくらまであがるもの?

クレジットカードの利用限度額の上限は?
だいたいの相場はいくらくらいなものか?年会費無料カード・グレードカードそれぞれについて調べてみました。

 

■年会費無料クレジットカードの利用限度額

年会費無料クレジットカードの利用限度額の上限目安は300万円程度と言われているようです。

 

カード会社としてもお金の回収リスクを伴う高額の限度額は融通してくれません。
300万円以上の利用限度額を求める場合は、カード会社側からゴールドカードやプラチナカード作成を提案されるのが一般的です。

 

ちなみに300万円という利用限度額もあくまで上限で、基本的にはシステム上限度額100万までしか設定できないカードがとても多いです。

 

なので年会費無料のクレジットカードの多くは、利用限度額が100万円までしか設定できないと考えておいた方がいいと思います。
利用者の多い楽手カードでは、利用限度額100万が一般的なようですが、やりようによっては300万円くらいまでの枠が与えられることもあるようです。

 

 

■ブラックカードやプラチナカードの利用限度額

ブラックカードやプラチナカードは富裕層向けのカードなので利用限度額は、人によっては1千万どころか1億円以上の買い物もクレジットカードが使えるようです。
なので年会費無料クレジットカードと違い上限がいくらかというように断言するのはかなり難しいです。

 

 

■利用限度額をあげたい場合には?

クレジットカードの利用限度額を上げるためには、普段からクレジットカードを利用し、返済には遅れないことです。
つまり、「よく利用してくれて、きちんと返済してくれる良いお客様」になるわけです。

 

カード会社にとってよいお客様になれば、最初は10万円の利用限度額しかないクレジットカードでも、徐々に利用可能額が30万、50万、100万とあがっていき、年会費無料カードで高額の買い物ができるようになるかもしれません。カードは信用次第で利用限度額も変動していきます。

 

自動で限度額があがる場合もありますが、限度額アップの申請が必要なカード会社もあります。

 

プラチナカードやブラックカードの限度額が高額なのは、カード保有者に信用があるからなので、年会費無料のクレジットカードの場合も、信用と実績があれば、システム上の上限の範囲内で限度額が上がっていくようになるのです。