クレジットカード 支払い 忘れ 対処法

クレジットカードの支払いが出来なかった時の対処法を紹介!

 

クレジットカードの利用は、支払日までお金を借りているという事と同じです。つまり借りたお金は決められた期日にしっかり返す(支払いする)必要があります。
しかし、カードの引き落とし日に口座にお金を準備し忘れており、引き落としが出来なかった場合はどうなるのでしょうか。

 

これからクレジットカードを作りたいという方も、1度は起こりうる可能性のあるトラブルですので、その対処法を紹介したいと思います。

 

■困ったらカード会社に連絡しましょう!

実は私も1度と言わず数回引き落とし日までに振込を忘れていて、うまく引き落としが出来ない事がありました。残高をしっかり確認していなかったりと単純に自身のミスが原因でしたが、1回目にミスしたときは、「ブラックリストに載ってしまうのではないか」「解約させられるのではないか」など過剰に心配しました。

 

このように引き落としがうまくいかなかった場合、判明次第カード会社に電話連絡をしましょう。安心してください。電話越しに怒鳴られたりすることはありません。引き落としが出来ていない理由も含めて正直に担当の人に話して、指示を仰ぎましょう。銀行振り込みや別日での再引き落としになる場合がほとんどですので、引き落とし金額がすぐに準備し、指示に従えば特にペナルティ無く解決します。

 

引落しができないまま放置したらどうなる?

 

ちなみに引き落としが出来ていないまま放置した場合、カード会社から確認の電話やハガキが送られてきます。その場合は遅延金や手数料をプラスして払わなくてはいけませんし、信用情報に傷が入ります。「連絡来たときに払えばいいや」という対応を取っていると、支払いが確認出来るまでカードの利用停止を受けたり、利用限度額の減額、最悪の場合強制解約、ブラックリスト入りです。

 

そうなってくると別のクレジットカードを作ろうとしても審査に引っ掛かったり、住宅ローンを組もうとしても出来なかったりと信用を失う羽目になります。

 

もちろん電話さえすれば何回でも支払い忘れしても良い訳ではありません。何度も同じケースが起きるとさすがにカード会社からも確信犯なのではと疑われます。

 

一番大切なのは引き落とし日の前日までにしっかり口座の残高を確認し、準備をしておくことです。
支払い遅延にならないよう日頃からクレジット利用分については注意しておきましょう!